舞台つれづれ・・観劇日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪組「星逢一夜」観劇

<<   作成日時 : 2015/07/26 20:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


2015年7月26日(日)
宝塚大劇場 11時公演観劇

噂通り、とても良い作品で…大号泣!
感動の涙というよりも…胸に迫る切なさに涙した感じ。

主要3人にピタリとハマった役柄。

子供時代から大人に成長するまで、同じ人物が演じていて、何の違和感もなく心情の変化が表現されている。

主要3人のみならず、他のメンバーも子供時代のなんと可愛いことか!

特に早霧せいなさんの屈託ないヤンチャな若様が大人になり…冷徹になっていく様に感心。

幕府内で出世していくにつれて、心を無くしたように見えながら…本当は苦しい気持ちが迫ってきた。

そして、望海風斗さんの少年時代の可愛さと言ったらない。

しかし、辛抱に辛抱を重ねて…最後は切ない。

男2人が対峙する場面では、止めて欲しい!と心の中で願っていた。

涙なみだ…!

そして、今回の私の一番の泣きのツボはヒロインの咲妃みゆさん。

子供時代の親をなくした経緯から、大人になってからの切ない想い。

その心からの演技に泣かされた!

台詞のない場面でも、心の動きが分かる切ない気持ちが伝わってきた。

こんなオリジナル作品を待っていたのです!

演ずる生徒にピタリとハマる役柄と人の心に深く訴えかける物語。

この「星逢一夜」には誰も悪人は出てこない。

でも、何かが狂うと…あまりにも切ない結果となる…。

終演後には、やりきれない切なさに涙した観客で一杯!

客電が付いても、ハンカチで目頭を押さえる人が続出!

もちろん私もそうだ〜!

それにしても、上田久美子先生の感性は素晴らしい〜!

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雪組「星逢一夜」観劇 舞台つれづれ・・観劇日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる