舞台つれづれ・・観劇日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 宝塚バウ「アイラブアインシュタイン」観劇

<<   作成日時 : 2016/09/23 18:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


2016年9月23日(金)
宝塚バウホール
14時30分の部観劇

今は、絶対に有り得ないアンドロイド人間と人間の共存物語。

この絶対に有り得ないSF物語が面白かった。
バウ初主演となる瀬戸かずやさんは、とても悩める科学者、アンドロイド発明家には見えなかったけど…。

アンドロイドヒロインは非常に人間的で、「ブラックジャック」のピノコみたいに翔んでいなくて、可愛い女の子って感じ。

突っ込みどころは満載でも、広い心で愛ある世界を創るというメッセージが伝わったので、如何にも宝塚的だったのが、面白く観られた要因かも。

ただひとつ、もう少し劇的に描いて欲しかったのは、ラスト。

党首役の亜蓮冬馬さん…戦って消えて行く。
父と慕う二人の名を呼びながら。
…という風に描いて欲しかった。

しかし、そうすると、全てを亜蓮君がかっさらって行き、主役が霞んでしまいそう?!



【宝塚歌劇公式ホームページより引用】
アイラブアインシュタイン

谷貴矢(作・演出)
主演:瀬戸 かずや

20世紀中盤、天才科学者アルバートが開発したアンドロイドは、人々の生活になくてはならないものになっていた。

世俗の喧騒を逃れ隠遁生活を送るアルバートのもとに、ある日、エルザというアンドロイドが助けを求めにやって来る。
働き口を奪われた人間達による反アンドロイドの機運が高まる中、人間と平和に共存する道を模索する為、自分たちにも感情を与えて欲しいというのだ。

エルザに亡き妻ミレーヴァの面影を見たアルバートは、科学者仲間であるトーマスの力も借りつつ、エルザに感情を与えようと奮闘する。ひたむきで純粋なエルザに次第に惹かれていくアルバートだったが、エルザはどうしても「愛」の感情だけは理解することが出来なかった。

愛とは何かと問われたアルバートは、ミレーヴァをどんな風に愛していたのか、どんな感情だったのかを伝えようとするが、何故かどうしても思い出せないのだった…。

果たして、「AI」は、「愛」の感情と「I(自我)」を持つ事が出来るのか。瀬戸かずや主演でお届けする、サイエンス・フィクションラブ・ストーリー。

なお、この作品は、演出・谷貴矢の宝塚バウホールデビュー作となります。

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宝塚バウ「アイラブアインシュタイン」観劇 舞台つれづれ・・観劇日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる